共栄印刷株式会社

会社沿革


昭和42年3月郡山市小原田に共栄印刷所として設立
昭和47年9月名称を共栄印刷株式会社と改称する
昭和52年5月事務所・工場を工業団地内に新設完成、新工場に移転
平成元年3月工場増設 小森4色機導入
平成9年3月工場増設 小森B3オフ輪8色機導入
平成10年8月サイテックスシステム導入
平成11年5月工場増設 菊全小森全自動4色機導入
平成12年3月全自動断裁機・富士フイルム社製414V製版機入替
平成13年4月東京営業所開設
平成14年7月工場増設 165㎡
平成17年6月工場増設 458㎡ B2オフ輪導入
平成19年4月FSC®認証取得
平成19年4月Vカラー調色システム導入
平成20年5月プライバシーマーク取得
平成21年5月TV会議システム導入
平成21年10月三菱A3サーマルCTP
平成24年6月無線・丁合・マーブル機導入
平成25年6月穿孔機(穴開け機)導入
平成26年1月紙枚数計数機・富士ゼロックスオンデマンド印刷機導入
平成26年8月小森菊全4色機・小森菊全2色反転機・コンパクトパイルジョガー導入
平成28年7月不二印刷株式会社をグループ化
令和元年8月CTPシステム導入
令和元年12月断裁機導入
令和2年3月小森2色反転機(菊半裁寸延)導入

令和2年4月現在